イップス

イップスヘッダー画像

イップスヘッダー画像

新型コロナウイルス(covid-19)対策実施店

イップスに対する「ある仮説」から施術し良い成果が得られています

イップスのこんな状況でお悩みでは!?

  • 投球のコントロールが上手くいかない(野球)
  • 思うようにパッドが決まらない(ゴルフ)
  • 大事な場面で上手くシュートできない(サッカー)
  • ここぞと言う時に的を射れない(弓道・ダーツ)
  • サーブが上手く出来ない(テニス・バドミントン・バレー) …などなど

あなたも上記のお悩みに当てはまるなら一度、施術をお試しにご来院ください

【Dr.整体 天白の3つの特徴】

3つの不調の原因イラスト,筋肉の影響,骨格の影響,ストレスの影響,
  • 筋肉とくに筋膜へのアプローチ
  • 骨格のバランスや可動性の改善
  • 神経の反応を良くしていく

このような特徴があり、あなたの原因不明のしびれ・痛み・違和感を改善へと導きます。

そして、これらの改善のためには「強い刺激で痛いッ!」と感じてしまう状況は良しとされません。

理由は、筋肉の中の「筋紡錘(きんぼうすい)」というセンサーが関係しています。

具体的に筋紡錘は、特に筋肉を縮ませるときに働くセンサーの役割をしています。

このセンサーは、優秀で他にも筋肉に過剰な刺激が入ったときに「筋肉の断裂」などが起きないように防御するための反応をしてくれるスイッチになっているためです。

逆の言い方をすれば、強い刺激で「痛いッ!」と感じると一見効きそうに感じますが、実はそのような刺激を加えて30分~1時間経過すると、神経生理学的には初めの硬さに戻るか、元の状態より「硬くなる」という結果が出ています

そのためにDr.整体 天白では、筋紡錘の過剰な反応が出ない範囲の「ソフトな刺激」で施術を行います。

「強い方が効くんじゃないの?」

と思われていた方からは「不思議だけどラクになった」「今まで無理やりストレッチしてました(汗」「今後、自分でグリグリ押さえるのはやめます」など変化を実感していただいたからこその感想もいただいています。

このようにDr.整体 天白 では筋膜に対するアプローチやそれに伴う関節の可動性の増大、神経へ働きかけ動きの正常化をはかることで、あなたの原因不明の症状に対して丁寧に根本原因を探り、改善へと導くことを特徴としております。

【「この考え」がもとで良い成果を得ています】

ひらめきのイメージ

Dr.整体 天白、院長の水谷です。

イップスには精神的な問題、「不安症の一種」と捉える見方や「中枢神経系の気質的変化」が影響しているなど諸説色々あります。

それだけイップスの改善に従事している側として、まだまだ解明できていないものが多いという事が言えるからこそ諸説いろいろあるのだと思います。

ただ、結論から言いますと、当院では、「ある仮説」をもとに施術を行ったことで良い成果を得られました。

詳しくは当院での症状改善例をお読み下さい(下に読み進めてください)。

その仮説は、神経伝達物質の不活性化」と筋肉の異常反応の「攣縮(れんしゅく)によるものです。

詳しくは、当院でのアプローチの仕方の項で説明させていただきますが、今の所良い成果を収められています。

もし、あなたが「イップス」で色々と試したけれど成果が出ていないと言う状況でお悩みでしたら、当院の施術を一度お試しにご来院ください。

ホームページ限定特典4800円、イップスを改善へ導く整体

ご予約・お問合せは 0528465018

LINEご予約・お問い合わせ

【当院での改善例】

「パットがうまく決まらなくなった」とプロゴルファーを目指している当時中学生のY君

ゴルフボールとカップの画像

Y君は、愛知県でも上位に入り全国大会の出場経験もある選手です。

当院に通院したきっかけは、おじいさんからの紹介で、腰痛や足の症状でした。

ゴルフをやっているということだったので、色々と話す中で「イップスの人って周りにいたりする?」

というお話をしたところ、「今、自分がイップスに悩んでいます」ということでした。

Y君の場合は、「パット」の時に症状が出るということでした。

色々と話を聞くうちに、前項でも述べた「ある仮説」が合致するなぁという印象を持ちました。


その仮説というのは「セロトニン」という神経伝達物質が関係し、過度な緊張状態がストレスとなり筋肉のコントーロルが上手くいかなくなっているのでは、という考えです。

「なぜ、セロトニンか?」と言いますと、当院では整体によりセロトニンを活性化させる方法を行っているためです。

そして、そのY君に「セロトニン活性療法」を施すことになりました。

結果、どうなったかと言うと今では「イップスの症状」は出なくなり、良い成績を出せるところまで改善しました

実は、この仮説は、イップスに似た症状の「フォーカルジストニア 」と言う、音楽家の方がかかる症状に対して、良い成果を出せたところからリンクして引き出された考えでした。

ジストニアとイップスは「別物」と言う考えもあるようですが、当院で施術を行った際に良い成果を出せていると言うことを考えると、

症状の出るきっかけは違っていても「セロトニン」が一つの鍵になっているのではないか、と言う結論に至り、改善にいたることも不可能ではないと考えられます。

どちらかと言うと、イップスに関しては「特効薬」や「完全なる治療法」みたいなものがない為一度、試していただくのも良いのではないでしょうか。

【一般的な対処法】

ソフトボールなどの画像

一般的には、イップスに対してカウンセリングなどを通して「状況の認知」「代用運動」などでリハビリ的に対応される事が多いようです。

具体的には、どんな状況でイップスが出てくるのかを特定する作業。

大きく2つのパターンの分類「特定の場面でのみイップスが起こるパターン(初期段階)」なのか「状況や相手にかかわらずイップスを起こすパターン(オールイップスタイプ)」なのか把握する。

代用運動は、野球の投球動作の例で言うと、野球のボールとサイズや重さの異なるボールを投げさせて見ます。

例えば、砲丸投げの砲丸を使います。この時に砲丸のような重いボールを投げられた時に「ボールが変わるだけで楽に投げられる」と言う体験をしてもらいます。

そして、ハンドボールやソフトボールなど種類を変えていき、野球のボールに近いものをコントロールするように訓練したりします。

徐々に元の状態に慣らしていくと言う方法が多いと言のが現状と言えます。

【Dr.整体 天白のイップスに対するアプローチ】

頭蓋へのアプローチ

前にも少し触れていますが、当院では神経伝達物質の活性化と筋肉の異常反応による「攣縮(れんしゅく)を改善する事で良い成果を得られています。

具体的に、まず神経伝達物質のお話から。

主にはセロトニンと言う神経伝達物質が関係します。「幸せホルモン」と言う別名もあり、あなたも聞いた事があるかもしれませんね。

そのセロトニンは、いくつか大きな役割がありストレスを打ち消したり、思考や集中力に関係したり、自律神経の問題などのコントロールもしていると言われています。

ただ、もう一つ大事な働きが、抗重力筋(こうじゅうりょくきん)のコントロールです。

あなたに耳馴染みの言葉で言うと「インナーマッスル」です。

抗重力筋とは、文字通り重力に逆らって体を起こしバランスを保つために働く筋肉です。

この筋肉無しに「運動」「スポーツ」「エクササイズ」を語る事はできません。

この筋肉の使用パターンの不具合これが、イップス改善の際に大きく関与します。

そして、もう一つが攣縮(れんしゅく)です。

これは、当院では音楽家における「フォーカルジストニア 」なども同じような反応が起きている事が確認されたのですが非常に大切な反応です。

また野球のピッチング動作に例えた場合、一定のポジションで「指先の筋肉のコントロール」が上手くいかず…

厳密に言うと、意識してコントロールしなくて良い場面で、勝手に力が入りミスをしてしまう」と言う結果、上手く投げられなくなったりすると言う反応です。

ちなみに攣縮の反応とは、簡単に言うとつっている状態です。

もっと噛み砕いて言えば、筋肉が自分の意思とは関係なく「縮んでいく反応」です。

つった状態を10段階に分けると5段階目が境目で、「5以上」になると「痛み」や「しびれ」、「違和感」などを発症したりします(図を参照)。

ただ、「5未満」の状態ですと無症候状態(むしょうこうじょうたい)と言って、攣縮は存在していても「痛い」という症状を感じない状態です。

この5未満の攣縮」がイップスの場合は、特に悪影響を及ぼしている「原因」として考えられます

やっかいなことに無症候状態は、症状は出ていなくても、自分の意思とは関係なく筋肉が勝手に縮んでいく」と言う反応が出てしまいます。

しかも、一旦出てしまうと「ゼロ“0”」の状態にリセットしないと10年でも20年でも30年でも残り続けると言われています。

Dr.整体 天白では、(今のところ唯一、攣縮をゼロにする施術方法と言われている)アメリカ発祥の医療を駆使して攣縮を取り除くことに成功しています。

説明が長くなりましたが、上記の2つセロトニンの活性化」と「攣縮の除去により、あなたのお悩みであるイップスの改善へと導きます。

ホームページ初回限定特典4800円

ご予約・お問い合わせ電話番号 0528465018

LINEご予約・お問い合わせ

当院のご紹介

多くの治療院の中からDr.整体 天白が選ばれ続ける5つの理由

  • 症状にとらわれず「根本原因」を見極め改善へ導くから
  • 原因不明の不定愁訴と言われる症状も改善へと導くから
  • ボキボキしない神経生理学に基づいたソフトな整体だから
  • その場しのぎではなくラクな状態を安定へと導くから
  • セルフケアや日常生活での注意点をお伝えしているから
  • 症状にとらわれず「根本原因」を見極め改善へ導くから

症状は、例えるなら木でいう「枝葉の部分」です。

「幹の部分=根本原因」を見極め改善しない限り、同じことを繰り返したり、なかなか改善しない状況になるでしょう。

 

  • 原因不明と告げられた症状を改善へと導くから

原因不明と言われているのは、画像上の話であり、実際は「骨に異常がない」状況で痛みなどの症状が出ていることがほとんどです。

この場合、改善へ導くカギは「筋膜」の硬さや「攣縮(れんしゅく=つった状態)」が起きてしまった状況の変化が必要になるととらえています。

 

  • ボキボキしない神経生理学に基づいたソフトな整体だから

なぜ、ボキボキしないのか? 

それは、急激な動きやグリグリと強い刺激を筋肉に加えると、かえって筋肉の中のセンサーである「筋紡錘(きんぼうすい)」による防御反応が発生し、硬さが増してしまう可能性が高くなるという理由からです。

 

  • その場しのぎではなくラクな状態を安定へ導くから

その場しのぎが、決して悪いとは言いませんが、どうせ目指すなら再発が予防されている状態の方が良いと思いませんか?

当院では、あなたの「根本原因」を丁寧に探り、改善へと導くことで安定した状態を目指しています

 

  • セルフケアや日常生活での注意点をお伝えしているから

整体に来た時だけ調子が良いかも!? これだとあまり意味がないと思いませんか?

当院としては、せっかくあなたの貴重なお時間を預かり施術をさせて頂くのですから、良い状態が長持ちした方が良いと思っています。

それに何より長時間良い状態が続けば、痛みや違和感、しびれなどの強度が軽減し、長くラクな状態になることが期待でき、あなたの負担が減ることになると考えているからなのです。

 

院長からのメッセージ画像

院長写真

イップスは、「自分のせい」でも「能力の問題」でもありません。

失敗の記憶が「フラッシュバック」して何も考えずに出来ていた動作がうまく出来なくなり、ちょっとしたパニック状態におちいる事があります。

そして、何度も失敗を繰り返しているうちに徐々に自己効力感」が低くなってしまいます

しだいに「不安」→「苦痛」→(遂行する動作自体を)「拒絶」→「プレッシャーによるストレス」→「ストレスからの逃避」を繰り返す傾向にあります。

周りには、なかなか理解されず落ち込むこともあるでしょう

ただ、このストレスを打ち消す方法があります。

それが、当院で行なっているセロトニン活性療法です。

この方法は、イップスによる細かい動作をコントロールしている神経伝達物質に働きかけるだけでなく、ストレスにも作用してくれるのです。

イップスを「不安症の一種」と捉える見方もあるようですが、セロトニンこそ、その「不安」の感覚を作る部分にも働きかけてくれるのです。

もし、あなたがイップスで悩み苦しんでいるのでしたら、Dr.整体 天白へ一度施術を試しにご来院ください。

お試しと言っても一切の妥協はいたしません。あなたが早く笑顔になれるように根本原因を見つけ出し改善へと導きます。

初回問診→検査→施術→再検査→説明を行いますので80分~90分のお時間をいただいております。

今回、インターネットをご覧いただいているあなたには【ホームページ限定特典】をご利用いただけます。

通常初見料1500円 施術料11820円 13320円【4800円】でお試しいただけます。

ただし、【1日限定2名様まで】となっております。

現在、直前のご予約は、空き枠が無くお取りすることが困難な状況です。

お早めのご連絡をお待ちしております。

よくある質問画像

  • Q:強い刺激が苦手ですが、痛いマッサージや指圧のようなことはされますか

Aいいえ安心してください。

イップスを改善させるために行う「セロトニン活性療法」は以下の理由により強い圧を加える施術は行いません。

   

施術前後の「唾液」「血液」の中のセロトニン濃度を計測するという科学的実験を行なった結果(セロトニン活性療法協会にて)最小30gから最大で背骨に200gといった、ソフトな刺激でしか分泌が活性化されないということがわかっているためです。

そのために心地よい刺激で、は施術中に眠ってしまいそうになる方が多くいらっしゃいます。

厳密にいうと、眠ると効果が出ないことも実験されています。

施術の後の感覚としては、ちょうど気持ちいいぐらいで「うたた寝」をしそうになり、その後「スッキリした感覚」に似ていると表現されることが多いです。

  • Q:自分で、刺激をした方がいいですか?

Aセロトニンは、色んな別名があるのですが、「コミュニケーションのホルモン」と言われていることもあります。

実は、自分で当院で行うポイントの刺激を行っても分泌が活性化されないということも科学的実験で検証されています。

ただ、セルフで活性化させる方法が別にございますので、施術後にお伝えさせていただきます。

  • Q:どのぐらいの期間で改善しますか?

A:この部分は、状態や症状の出ていた期間によっても異なります

ただ、平均的に施術により分泌が活性化して、調子を取り戻される期間は「2ヶ月半~3ヶ月」と、なります。

この期間は、活性化される期間の平均ですので、完治ということになると様子を見ながら判断する必要があります。

ちなみに、この期間よりも早い期間で改善される方もありますので、一度状態を確認させていただければと思います。

  • Q:何か、自分でできる対策はありますか?

Aいくつかありますが、一つはお食事の内容に気をつけていただきたいということです。

どういうことかと言いますと、セロトニンを体の中で作るためには、「材料」が必要になります。

ちなみに、セロトニンは脳で5%、腸で95%いろいろな栄養を組み合わせて、合成されていると言われています。

摂って欲しいものは、動物性のタンパク質、だったりビタミンB群や鉄などです。

逆に摂って欲しくないものは、小麦の食品や過剰な糖質、アルコールなどです。

この辺りは、この項だけで説明することが、ボリュームが多すぎて大変なので、ご来院の際にあなたの食事の傾向を教えていただき、それに対して改善方法をお伝えさせていただきます。

Dr.整体 天白

〒468-0002愛知県名古屋市天白区焼山1-420 フジイビル1ー東(焼山の接骨院隣接)